ロックミシンの選び方

ロックミシンには使用する針と糸の本数が違うさまざまな機種があります。
選ぶときには自分がどんな作品を作りたいかによって、選択すると良いでしょう。

 

ただ、縫い代の始末をするためには1本針の機種でも充分ですが、ニットソーイングには2本針が必要です。

 

もしあなたがこれから全く新しくロックミシンを購入するのであれば、2本針4本糸をおすすめします。ニット生地であればロックミシンのみで仕立てられるのでスピーディに洋裁が楽しめるからです。
伸びやすいニットの生地がきれいに縫える上、フリルのような巻きロックもでき、作品の幅がぐんと広がります。

 

全くの初心者でしたら、「自動エア糸通し」「セーフティストップ機能」のある機種をおすすめしますね。
自動で糸通しができる上、装備が不完全なら動作がストップします。
昔では考えられないほど、今のロックミシンは進化しています。

 

ただし、綿や麻の場合はロックミシンのみでは強度が不足しますので、家庭用ミシンとの併用が必要です。

 

なんでもロックミシンのみで作れるわけでもないことも知っておいてくださいね。

関連ページ

「衣縫人」と「糸取物語」どっちがいいの?
ロックミシンの「衣縫人」と「糸取物語」の違いをご紹介します。