「衣縫人」と「糸取物語」どっちがいいの?

ロックミシン購入の際、必ずと言って良いくらい出てくるのが「衣縫人」と「糸取物語」どっちがいいの?というお悩みです。

 

「衣縫人」と「糸取物語」の大きな違いと言えば糸調子が自動か、手動かの違いです。「衣縫人」は手動で「糸取物語」が自動ですね。
「糸取物語」は自動で糸調子をしてくれるんだから断然こっちがいいじゃない!となりそうですが、そう簡単に行かないのがロックミシンの世界です。

 

自動は自動でも、家庭用ミシンの自動糸調子機能とはちょっと違っていて、
必ずしもばっちりきれいに縫えるとは限らないのです。

 

「糸取物語」は指定以外のメス幅・縫い目ピッチで縫うと糸調子がきれいに出ない場合があります。

 

「衣縫人」ならこういった場合、手動で調節できます。

 

ロックミシンを買おう!と思う方は家庭用のミシンから入られて、もっと作品をレベルアップしたい!という方が殆どではないでしょうか。

 

「出来栄えにこだわらないからサクサク縫いたいわ〜」って言う方は少ないのじゃないかな?と思うのです。

 

自分で調節して納得した糸調子で縫った作品は美しく見えますよね?
そういった意味で手動で糸調子ができる「衣縫人」を個人的にはおすすめします。

 

といっても、あなたが何を望んでいるか?によっても変わります。

 

人に勧められたからと言って「衣縫人」を選ぶのではなく、簡単にソーイングができることを希望するなら「糸取物語」が合うかもしれません。
「糸取物語」はジェットエアスルーシステムの自動糸通しが素晴らしいですし、縫い目を波状にするウェーブロック機能も人によって好みはありますが、魅力的です。

 

「衣縫人」は糸調子が手動だから難しそう、と言っても普段は全てのつまみの数字を「4」にしておいて殆ど、これで問題なく縫えます。糸調子が合わなければつまみを動かして調節して行くわけです。

 

しかし、ソーイングは全て使う生地ごとに「試し縫い」で糸調子を調節するのが基本、と思ってください。

 

せっかく買ったロックミシンを使いこなすためにも、ぜひ色々な生地で作品を作っていただきたい。
そのためにも、生地に合った糸調子の仕方を覚えることがソーイング上達の大きなポイントでもあるわけです。

 

ですから糸調子を面倒とか難しそう・・・と考えないでいただきたいな、と思います。

 

衣縫人ならBL5700EXSをおすすめします。

関連ページ

初心者の選び方
ロックミシンの売上ランキングと人気機種をご紹介します。ロックミシンの初心者向けの選び方もご紹介します。