黒のベロア調ニットのスーツ

ロックミシン,使い方

ニットのスーツです。

 

スカートのフレアーを存分に出したかったのでロックミシンで仕上げました。
この場合にはニット生地から選びました。
直線縫いはウエストのゴムの部分だけです。

 

ロックミシンの特徴は袖山などを縫うときに
とても力を発揮してくれます。
平面の布を立体的に形作るためにはかなり
苦労しますが、ロックミシンをつかうことで
袖山などが簡単につけられるのです。
袖山に生地が少しくらい余ってもロックミシンが
いせこんでくれるのでとても楽です。

 

☆いせこむ=洋裁用語で袖山などを
作るときに立体的な丸みを出すために
適度に縫い縮めること

 

 

 

襟のロールカラーはデザインの特徴です。
ロックミシンで後始末が出来るのでとてもきれいに仕上がりました。

 

 

袖付けなどは、昔はしつけをしてマッチ針で置いておいて大変でしたが、今は楽になりました。
裾の仕上げは直線縫いで仕上げています。

 

家庭用ミシンとロックミシン、2台のミシンを大事にしながら、ニットソーイングを
楽しんでいます。

 

この作品はベビーロックで作りました。
現在、おすすめの機種はこちらです。
衣縫人BL5700EXS DXセット


関連ページ

カシュクールニット
ロックミシンの売上ランキングと人気機種をご紹介します。衣縫人、糸取物語、ジューキ(JUKI)、ブラザー、ベビーロックミシンを比較してみましょう。実際にロックミシンで作った作品をご紹介します。
ニットボレロ
ロックミシンの売上ランキングと人気機種をご紹介します。衣縫人、糸取物語、ジューキ(JUKI)、ブラザー、ベビーロックミシンを比較してみましょう。実際にロックミシンで作った作品をご紹介します。
ロングベスト
ロックミシンの売上ランキングと人気機種をご紹介します。衣縫人、糸取物語、ジューキ(JUKI)、ブラザー、ベビーロックミシンを比較してみましょう。実際にロックミシンで作った作品をご紹介します。
ニットのアンサンブル
ロックミシンの売上ランキングと人気機種をご紹介します。衣縫人、糸取物語、ジューキ(JUKI)、ブラザー、ベビーロックミシンを比較してみましょう。実際にロックミシンで作った作品をご紹介します。