ロックミシンとは

ロックミシンとは

ロックミシンとは、メスで布の端を切りながら生地端を縫い進めるミシンのことです。
洋服をソーイングするのにはもちろん、ニット生地を縫い合わせるのにもとても便利なミシンです。
家庭用のミシンでもサイドカッターで端をかがり縫いすることはできますが、ネットで口コミを調べていただくと分かるように、ソーイングの技術が上がってくるにつれ多くの方は家庭用のミシンサイドカッターでは満足できなくなってきます。
やはり、ロックミシンでしかできないことはロックミシンにしかできません。

 

 

【ロックミシンを使うメリット】
*生地端の始末が断然美しい
*スピーディにニットソーイングができる
*巻きロックなどの飾り縫いができるため手作り作品の幅が広がる
*作品の質が高くなるので販売することも可能

 

 

【ロックミシンのデメリット】
*生地の中央などは縫えないので家庭用ミシン(もしくは職業用)との併用が必要で場所を取る
*布帛(伸縮性のない生地のこと)の縫い合わせには適さない


関連ページ

知っておきたい機能や名称
ロックミシン初心者に知っておきたい機能の各名称や役割をご紹介します。
基本の使い方
ロックミシンの基本の使い方をご紹介します。
おすすめの本
ロックミシンの使い方が分かりやすく解説している人気本をご紹介します。
針と糸の選び方
ロックミシンの針と糸の選び方をご紹介します。
差動レバーの使い方
ロックミシンの差動レバーの使い方をご紹介します。
巻きロックと細ロックの違いは?
ロックミシンの巻きロックと細ロックの違いをご紹介します。