ロックミシンの使い方

ロックミシンの使い方は大きく分けて3つあります。

 

 

【生地の端をかがる】
生地のほつれを防ぐために使う場合は、1本針3本糸に設定します。
家庭用ミシンのサイドカッターより際立って美しく仕上がります。
慣れてきたら生地の厚みや種類によって、ミシン目の幅やかがり幅を調節しましょう。

 

【巻きロック】
1本針3本糸で設定します。4本糸の場合は、3本糸にして使います。
単なるかがり縫いと違って、表に出してもきれいな飾り縫いの一種です。
差動レバーを下げて生地を伸ばしながら巻きロックをかけるとフリルが作れます。
きれいなプリント柄を正方形にカットして、縁に巻きロックをするだけでナプキンやハンカチに。
糸はウーリーを使用するときれいに仕上がりますよ。

 

【ニットの縫い合わせ】
2本針4本糸で設定します。
ロックミシンでニットソーイングはこれが醍醐味です。
縫い合わせと生地端のかがりを同時に作業することができるので、スピーディに仕上がります。
縫い合わせる時は左針糸を少し強めに設定すると丈夫にできます。

 

 

ただし、リネンや綿など伸縮しない生地の場合の縫い合わせは、ロックミシンだけでは強度が不足します。
そのため家庭用ミシン、もしくは職業用ミシンとの併用が必要になります。

関連ページ

ロックミシンとは
ロックミシンとはどういったものか、長所・短所などご紹介します。
知っておきたい機能や名称
ロックミシン初心者に知っておきたい機能の各名称や役割をご紹介します。
おすすめの本
ロックミシンの使い方が分かりやすく解説している人気本をご紹介します。
針と糸の選び方
ロックミシンの針と糸の選び方をご紹介します。
差動レバーの使い方
ロックミシンの差動レバーの使い方をご紹介します。
巻きロックと細ロックの違いは?
ロックミシンの巻きロックと細ロックの違いをご紹介します。