差動レバーの使い方

差動レバーを使いこなすことで様様な縫い方が広がります。
使いこなすコツは最初は必ず標準で試し縫いをして、少しづつ差動レバーを動かしながら仕上がりの様子を確認して行くことです。

 

生地によって伸縮性が違いますので、イメージ通りになるようきちんと調節してから本縫いに入りましょう。

 

差動レバーはロックミシンの向かって右下にあります。

 

【フリルを作る】
差動レバーを標準より下げて、ニット生地を伸ばしながら縫う事でフリルになります。
スカートの裾、袖などを伸ばしながら縫う事でフリル状になります。
ニットと同じ色のウーリー糸を使えばより美しい仕上がりになります。

 

 

【ギャザーを寄せる】
差動レバーを標準より上げて縫うと縮ませて縫う事ができます。
Tシャツの袖など、薄手の生地ほどギャザーが寄せやすいです。

 

関連ページ

ロックミシンとは
ロックミシンとはどういったものか、長所・短所などご紹介します。
知っておきたい機能や名称
ロックミシン初心者に知っておきたい機能の各名称や役割をご紹介します。
基本の使い方
ロックミシンの基本の使い方をご紹介します。
おすすめの本
ロックミシンの使い方が分かりやすく解説している人気本をご紹介します。
針と糸の選び方
ロックミシンの針と糸の選び方をご紹介します。
巻きロックと細ロックの違いは?
ロックミシンの巻きロックと細ロックの違いをご紹介します。