巻きロックと細ロックの違いは?

巻きロックと細ロックは両方とも表に見せる生地端のかがりを言います。
フリルや袖などにかがる時使いますね。

 

両者の違いですが、おもに縫う生地によって巻きロックにするか、細ロックにするかが変わってきます。

 

巻きロックは端を細く巻き込みながらかがるのに対し、
細ロックは巻き込まずに裁ち目のまま細くかがります。

 

巻きロックは生地を巻くので薄手の生地やジョーゼットに適します。

 

細ロックはほつれない生地でジャージー素材などに使います。
細ロックの場合はウーリー糸を使用すると伸縮性が出てより美しく仕上がります。

 

巻きロックも細ロックも作品を作る上で欠かせないかがりになりますので、必ず生地ごとに試し縫いをして仕上がりを確認してから本縫いに入りましょう。

関連ページ

ロックミシンとは
ロックミシンとはどういったものか、長所・短所などご紹介します。
知っておきたい機能や名称
ロックミシン初心者に知っておきたい機能の各名称や役割をご紹介します。
基本の使い方
ロックミシンの基本の使い方をご紹介します。
おすすめの本
ロックミシンの使い方が分かりやすく解説している人気本をご紹介します。
針と糸の選び方
ロックミシンの針と糸の選び方をご紹介します。
差動レバーの使い方
ロックミシンの差動レバーの使い方をご紹介します。